住宅ローン借り換え金利

住宅ローン借り換えの金利比較

借り換え
振り返ってみると長い間続いている市場の低金利。

 

預金をしてもなかなか利子がつかないような状況となっていますが、同じく金利の付く住宅ローンに関しては、従来のものよりも金利が低くて返済総額を抑えられるタイプのものがたくさん取り扱われています。

 

もし現在借り入れている住宅ローンの金利が高く、毎月の返済額の高さや返済期間の長さなどに困っているという方がいらっしゃったら

 

より金利の低い住宅ローンに借り換えるという方法をとることで、悩みを解消できるかもしれません。

 

しかし、住宅ローンを借り換えするときには、今借り入れているものよりも多少金利が低いから・・・という理由だけで安易に選んではいけません。

 

住宅ローンの借り換えには、保証料や事務手数料などの諸経費が必要になります。

 

そのため、借り換えることで減らせる返済額と必要になる諸経費とをしっかりと計算し、借り換えても損をしない金利がどの程度の数字なのかを把握しておかなければなりません。

 

そのうえで、借り換えに対応してくれる住宅ローンの中から、できるだけ金利の低い諸費用のかからないものを比較して選ぶ必要があるのです。

 

住宅ローンを借り換える際には、必要な諸経費を組み込んでも返済総額を減らすことができる金利をまず計算することが必要不可欠です。

 

そして、その金利よりも低い設定となっている住宅ローン、また諸経費を抑えることができるものをしっかりと比較して選ぶ必要があるのです。

 

金利はもちろんのことですが、諸経費の面も比較することをお忘れなく。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2017年11月版!


住宅ローン金利一覧TOP 低金利ランキング 借り換えランキング フラット35ランキング 当サイトイチオシ!