住宅ローン長期固定金利

長期固定金利の住宅ローンとは?

固定
住宅ローンを利用してマイホームを手に入れようと考えている方の多くが、その利用を検討すると言われている長期固定タイプの住宅ローン。

 

この長期固定タイプの住宅ローンは、借り入れ時に完済までの金利が固定化されるために返済計画が立てやすく、毎月の返済額も確定することでわかりやすいことから、人気のある住宅ローンです。

 

返済期間中に金融情勢の変化によって金利の上昇があっても返済額に影響を受けないというメリットがありますが、

 

その反面、金利が高いときにこの長期間固定金利でローンを組んでしまうと、後に金利が下がっても高い金利で返済し続けなければならないというデメリットがあります。

 

そのため、申し込み時にはできるだけ低い金利設定になっている金融機関を利用する必要があるのです。

 

この長期固定タイプの住宅ローンは、かなり多くの金融機関で取り扱われているローン商品です。

 

しかし、同じ長期固定タイプであっても、各金融機関によって金利の設定にはかなり幅があるのが実情です。

 

住宅ローンは多額のお金を借り入れ、長期にわたって返済していくものだけに、借り入れ時のほんの少しの数字の違いが返済総額を大きく左右します。

 

そのため、契約時する際にはしっかりと金利を比較し、できるだけ低い金利が設定されているところを選ぶ必要があるのです。

 

長期固定タイプの住宅ローンを借り入れる際には、借り入れ先の金融機関の信頼性を確認するのはもちろんのことですが、できるだけ金利にこだわって、しっかりと比較してから選ぶようにしましょう。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2017年4月版!


低金利ランキング 借り換えランキング 変動金利ランキング フラット35ランキング 当サイトイチオシ!