当初固定金利住宅ローン

当初固定金利タイプの住宅ローンとは?

固定
いろいろなタイプがある住宅ローンの金利。それぞれにメリット・デメリットがあるため、借り入れの際にはどのタイプを利用するか選択を迷うものですよね。

 

そんな中でも、多くの方が利用しているのが当初固定タイプ(10年固定)の住宅ローンです。

 

借り入れから当面の一定期間は、毎月の返済金額を確定させることができることから人気があり、取り扱う金融機関も多いこの当初固定タイプ(10年固定)の住宅ローンですが、同じタイプであっても各金融機関によって設定されている金利にはかなりの差があります。

 

そのため、借り入れを検討する際には複数の金融機関の当初固定タイプ(10年固定)の住宅ローン金利を比較する必要があります。

 

この当初固定タイプ(10年固定)の住宅ローンは、10年間の固定金利特約期間終了後には変動金利へと移行するものですが、金融機関によっては固定金利期間終了時の金利によって、固定金利期間を再設定できるものもあります。

 

そのまま変動金利へと移行するものの場合は、移行後はそのときの変動金利と同じ金利が適用され、その後半年ごとに金利の見直しが行われることになります。

 

そのため、契約時には固定金利期間終了後の金利がどの程度になるのかを予想することはかなり難しいことだと言えます。

 

借り入れ前に金利を比較するときには、10年間の固定金利の部分で金利比較をすることになります。

 

当初の固定部分の金利も、毎月少しずつ変動しています。借り入れ時にはこまめに各金融機関の当初固定タイプ(10年固定)の金利をチェックするようにしましょう。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2017年9月版!


住宅ローン金利一覧TOP 低金利ランキング 借り換えランキング フラット35ランキング 当サイトイチオシ!