住宅ローン実質金利

住宅ローンは実質金利で比較する!

実質
マイホームを購入する際に、多くの方が利用することになる住宅ローン。

 

この住宅ローンを選ぶときに重視するポイントとして、ほとんどの人が「金利」を挙げています。

 

しかし、住宅ローンを扱う多くの金融機関では、この金利の表記を表面金利のみとしているということを、あなたはご存じだったでしょうか。

 

住宅ローンの金利を比較する際には、金利以外にもいろいろとかかってくるコストを組み込んだ、実質金利を計算したうえで比較しなければならないものなのです。

 

住宅ローンの実質金利とは、表記されている表面金利に手数料や保証料、団体生命保険料などを加味した実質コストのことです。

 

たとえば、A銀行という銀行で借入金額3,000万円×30年という住宅ローンが、金利2.75%と表記されていたとします。これで「あ、割と低いな・・・」と受け取ってしまってはいけません。

 

コスト面をチェックしてみると、手数料は無料で団体生命保険料は込みだけど、手数料が年率0.2%相当の63万円必要になっている場合、この手数料を組み込むと実質的な金利は2.95%となります。

 

この例に挙げたA銀行の場合は手数料がかかりませんが、手数料が必要になる場合はさらに実質的な金利は上乗せになってくることになるのです。

 

こうしてきちんと実質コストを組み込んだ実質金利を計算してみると、表面金利のみで比較して住宅ローンを選ぶのは危険なことだということがお分かりになるかと思います。

 

フラット35は比較的金利が低めというイメージがありますが、団体生命保険料や手数料が「外枠」計算になっているため、実質金利はそう低くない場合もあり得ます。

 

住宅ローンを比較する際には、きっちり実質金利を計算したうえで金利の低いものを比較して選ぶようにしなければなりません。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2017年7月版!


低金利ランキング 借り換えランキング 変動金利ランキング フラット35ランキング 当サイトイチオシ!