住宅ローン金利推移

住宅ローン金利の推移は?

リビング
そのときどきの経済情勢や景気などによって、大きく左右される住宅ローン金利。

 

現在は低金利市場と言われており、住宅ローンはもちろんのこと、さまざまな金利が低いまま推移する状態が続いています。

 

そんな中でも、住宅ローンでお金を借りてマイホームなどを購入する方にとっては、ほんの0.1%の違いでも「金利が高い!」と感じるものなのでしょうね。

 

いつ、どのタイミングで、どんな住宅ローンを借りればよいのか判断するのはなかなか難しいことですが、最適な判断をおこなうためには、じつは過去の住宅ローンの金利との比較もとても重要なのです。

 

そこで、旧住宅金融公庫(現在は住宅金融支援機構に移行)の過去の金利を見てみましょう。

 

昭和61年ころの円高不況からバブル前の平成景気のころ、住宅金融公庫の金利は4.2%程度となっていました。

 

その後、バブル景気によって5.5%台まで上昇。バブル崩壊後は下降傾向をたどり、平成10年には2%台へと推移しました。

 

大手都市銀行の住宅ローンも平成2年当時は最高8.5%という驚きの数字でしたが、平成5年ころには公庫と同水準まで下がり、現在は2〜3%台という数字で推移しています。

 

つまり、2〜3%台という低い水準の金利は、もう10年以上も続いていることになり、こうした低金利を当然のことだと感じている方が多くなっているのです。

 

しかしながら、過去20年間の住宅ローンの平均金利は、都市銀行の変動金利で平均約4%。

 

つまり、今後の景気動向次第によっては、4%台まで住宅ローンの金利が上がってくる可能性は十分にあることだと言えます。

 

そのため、判断を遅らせているうちに金利が下がるのでは?という安易な期待は避けたほうが賢明です。

 

住宅ローンの過去の金利を比較して上がりそうな気配があれば、低金利が続いている今のうちに決断するということも選択肢の一つとして考えてよいのではないでしょうか。

金利一覧で注目の住宅ローンランキング!2017年11月版!


住宅ローン金利一覧TOP 低金利ランキング 借り換えランキング フラット35ランキング 当サイトイチオシ!